PAGE TOP

株式会社イリオス

居抜物件・逆居抜物件

「居抜き物件」「居抜き店舗」についてご説明いたします。閉店する側・新規で契約する側両方にメリットがあります。さらに「逆居抜き」のご提案も致します。

そもそも「居抜き店舗物件」とは?

お店を新規で出店したい方は、「出店のコストを抑えたい」・「出店時コストを一日でも早く回収したい」・「ランニングコストを抑えたい」など、「コスト削減」を気にされていると思います。そんな背景があるからこそ、店舗業界では「居抜き物件」が注目されています。
居抜き物件」や「居抜き店舗」とは、店舗内の内装・備品が残っている状態を言い、飲食店、物販店を問わず不動産業界全体で使われている言葉です。
内装付きの店舗物件」という表現も、同じ意味で使われます。

居抜き物件」について

居抜き」とは、一般的には、床・天井・壁・厨房・手洗など、店舗内の主要設備が残っている状態で、「今すぐにでも開店できるような物件」のことを言います。
しかし、物件によっては、「床・壁・天井だけあります」「厨房だけあります」というように、「内装が一部だけ残っている」という場合でも「居抜き店舗」と使ったりします(その場合は「一部居抜き」といった表現をすることが多いです)。

物件の基本は「スケルトン

スケルトン」とは、店舗内の床・壁・天井・内装などが何もない 「建物の躯体だけの状態」を指します(コンクリートの打ちっぱなしの状態をご想像ください)。
店舗物件は、「スケルトン渡し+スケルトン返し」が基本なので、「居抜き物件」の取引は、原則からは外れています。しかし、せっかく内装が残っているのであれば、わざわざ壊さなくても・・・と思われる方も沢山いらっしゃいます。
そのため、「建物の所有者」「閉店するテナント」「新規出店するテナント」の3者が合意している場合に限り、「居抜き物件」の取引をすることができます。

居抜き物件」と「造作譲渡

居抜き物件・居抜き店舗」と言っても、内装設備を無料でもらえるとは限りません。
閉店するテナント様の中には、「解体となると費用がかかるので、無料でいいからそのまま引き取ってほしい」と思われる方もいらっしゃいますが、一方で「内装や備品もまだ綺麗だから、売れないかな?」と思われる方もいらっしゃいます。
「造作譲渡」とは、そのように内装設備を売買する事を指します。

通常の居抜き物件検索サイト

居抜き前提の募集物件

居抜きを前提に募集している物件が掲載されている検索サイトでは、希望条件を満たす物件さえ見つかればスムーズに取引が成立します。
その為、確実に取引を実現したい方にはとてもお勧めできる物件検索方法です。

希望条件とのかい離

とはいえなかなか希望に見合う物件を探し出すのは困難なことでもあります。
特に最近は先にご説明いたしましたように、居抜き市場の活性化にともない募集物件数も増加の一途をたどっています。
ただし、どちらかといえば個人の方の運営店舗が閉店に伴い募集している事例が多く見受けられ、規模の大きなものや、いわゆる一等地にあるようなものはあまり見当たらないのではないでしょうか。

居抜き物件検索サイト「居抜き交渉ねっと」

イリオスが運営する居抜き専門サイト

イリオスが運営する店舗物件サイト「イリサーチ」に掲載している全物件の中から現在又は以前のテナント営業業態から居抜きとして確保できる可能性がある物件に特化した、積極的に居抜き物件化を後押しする目的の検索サイトです。
例えば、現在のテナントがまだ閉店してない物件等、内装などが残っている物件を掲載しております。

交渉はイリオスが行います

居抜き交渉ねっとにてテナント様からご依頼をいただきましたら、弊社スタッフが居抜きとして譲渡できるか交渉を行います。つまり基本はお客様が交渉を行うわけではございません。
ですので掲載物件を閲覧いただきまして、少しでも気になる物件がございましたらまずお問い合わせいただければと思います。

居抜き交渉ねっとについて詳しくはこちら

逆居抜き交渉のご提案

逆居抜き交渉とは

「営業している店舗などにおいて、現在の状態のままで譲渡してもらうことはできないか?」と、こちら側から居抜きを提案することを言います。

  • お客様が街中で見つけた希望に見合う具体的な店舗をご登録下さい
  • 当然ながら営業中の店舗でも可能です
  • 当社の営業スタッフが、営業中のテナント様及びビルオーナー様に対して物件化の可能性がないか交渉いたします

「逆居抜き交渉」についてはこちらをご参照ください。

造作譲渡料

募集を前提としていない物件に対する交渉の為、無償譲渡での交渉は難しいでしょう。事前にお客様からその物件の造作をいくらでご購入頂けるかご教示ください。また、内装がお客様の希望に見合わない状態の場合でも、その場所に出店する為にはある程度の譲渡料は必要となります。

賃貸条件の合意

造作譲渡や居抜きでの引渡しなど、現テナント様との間で「内装について」の話がまとまっても、ビルオーナー様と新テナントであるお客様との賃貸借契約が上手くいかないことには、話は決着しません。
何よりも相場とかけ離れた賃貸条件では交渉がまとまることはまずないでしょう。
ある程度相場観に見合う条件をご提示ください。
それらを前提に当社営業スタッフがお客様の出店を実現すべく、鋭意努力いたします。

ご相談はこちら