PAGE TOP

株式会社イリオス

プロパティマネジメント

一般的に言われているプロパティマネジメントとは、「不動産資産を所有者に代わり管理・運営し、収益性を高めること」 と言われております。

これは一般的な「ビル管理」や「コンサルタント的な提案」ということではなく、ビルオーナーに変わって資産を管理し、投資利回りを向上させる、いわゆる「資産運用のプロフェッショナル」として、経営管理を行うことと言えるでしょう。

主な業務として、下記内容があげられます。

プロパティマネジメント

  • 建物の日常維持・管理
  • クレーム対応
  • 賃貸借条件の交渉
  • 入出金の管理
  • テナント管理やコストの管理
  • リニューアルの提案、テナントの入替え
  • その他収益性を高めるための提案など

現在の不動産市況のなかで勝ち残る為には、物件に力をつけて、他の物件に見劣りしない魅力的な物件にすることが最も重要だと考えられます。

これは、「入居中の優良テナントと契約を継続していくこと」、「勢いのある新規テナントを誘致すること」 この二つをバランス良く実行し、時には再投資も視野に入れながら、不動産収益の維持、改善をしなければなりません。

しかし、一般的な不動産業者では、テナント誘致から家賃の入出金管理、クレームの対応まで全て1人で担当している事が多く、案件数の増加とともに、業務が雑になりがちで、満足のいくテナント誘致やテナントへのケアをすることができません。

優良テナントとの契約の継続

私どもイリオスでは、ビルオーナー様の大切な不動産資産の運営、収益改善をするために、イリオスをはじめとするTCPCグループ全体でプロパティマネジメントに取り組んでおります。

  • テナント誘致をするリーシング業務(イリオス
  • 入出金管理の経理スタッフ(イリオス or 総合施設管理
  • メンテナンス業務、日常のクレーム対応をする管理業務(総合施設管理
  • 賃料の算出、地域に不足している業種業態の調査、商圏調査に関する業務(商業マーケティングシステム

グループ全体で取り組むことにより、各業務において専門スタッフが丁寧且つ細やかなフォローを行うことができるので、問題点を早期に発見して、トラブルを未然に防ぐこが可能になります。

※商業ビルにおいては、トラブルが発生した場合、トラブルの内容によっては、商品の賠償、修理期間中の休業保証、最悪の場合には契約の継続が不可能となり契約の解除、移転費用の賠償など、莫大な損害が発生する可能性もあります。

テナントを大事にすることは、いわゆる「テナント離れ」、「優良テナントの流出」を防ぐことになり、「中長期的な安定収入の確保」、そして「ビルの資産価値向上」へと繋がります。

総合施設管理 WEBサイト

商業マーケティングシステム WEBサイト

TCPCグループ WEBサイト

テナント誘致 "リーシングNO.1企業の強み"

プロパティマネジメントをするうえで、一番苦労するのが「テナントの誘致」だと言われています。
これは、土地からの開発事業の場合は、この限りではありませんが、既存建物の中長期的な運営や収益改善に限った場合には、やはりテナントの誘致が一番骨が折れる部分と言えるでしょう。
そして、一番骨が折れる部分ということは、「一番重要な部分」であると言えます。

「旬」なテナント、「強い」テナントの誘致

前述しましたように、私たちイリオスは、グループ全体でプロパティマネジメントに取り組むことで、常に新しい情報、活きた情報を集めることができるため、案件ごとに「"旬"なテナントが必要なビルなのか」、「"強い"テナントが必要なビルなのか」を判断して、収益の向上を目的としたテナント誘致を行います。

これは、イリオスグループの核となる業務が「テナントリーシング」、いわゆる「客付け」業務であり、創業以来こだわり続けている、この「客付け業務」こそが、スケールメリットを生み、プロパティマネジメントをするうえで重要となる「テナント誘致」への強みへと繋がっております。

私たちイリオスが提案するのは、専門業者ならではの「情報力」、「交渉力」、そして、「店舗(商業)のプロ集団が行うプロパティマネジメント」 です。

「プロパティマネジメント」につきましては「総合施設管理のホームページ」もご覧ください。

総合施設管理

無料ご相談承ります。お気軽にお問い合わせください