PAGE TOP

株式会社イリオス

土地の有効活用について

土地有効活用の方法は駐車場やマンション建築だけではありません!

土地有活イメージ

所有しているその土地、有効に活用しませんか?

土地の有効活用(土地有活)とは、「更地や駐車場などに建物を建築し、入居者から賃料を得ることで、収益力をアップさせること」 を指します。おそらく多くの人が、「土地の有効活用といえばマンションを建築して賃貸すること」 を連想すると思いますが、土地有効活用の方法はマンション建築だけではありません。

イリオスの土地有活実績の一部をご紹介!

イリオスでは店舗専門業者として、商業用の土地有効活用を積極的に行っております。

具体例として、「郊外の土地(ロードサイド)に、レストランやコンビニエンスストアなどを誘致する」 というのが連想しやすいと思います。
このタイプは、多くの場合が 「建築協力金方式」 による土地有効活用で、地主(土地オーナー)様の初期投資を低く抑え、低リスクでの土地有効活用を実現しております。

「建築協力金方式」 とは?

入居するテナントが 「建築協力金」 として、建築費相当額をオーナー様へ支払い、その 「建築協力金」 でオーナー様が建物を建築し、テナントへ賃貸する というビジネスモデルです。
これにより、オーナー様の投資額は実質 「ゼロ」 に近い状態での土地有効活用が実現し、長期に渡り、安定的な賃料収入を得ることが可能です。

テナント先行方式による土地有効活用

「テナント先行方式」 とは、「テナントを先に決定してから建築に着手すること」 を意味します。
前述しましたレストランやコンビニエンスストアなど 「単独テナント」 での土地有効活用であれば、テナントと先に契約をしてから事業に着手するのが当たり前ですが、複数テナントを誘致する 「複合施設への土地有効活用」 の場合は、時として、自己資金を投資して、テナントが未決定でも事業を開始することがあります。

この場合、多額の投資をして店舗ビルを建築したけれど、空室が埋まらず、当初の計画よりも大幅な赤字を抱えてしまうということも耳にします。

しかし、イリオスでは 「テナントリーシングNo.1企業」 である強みを活かし、「テナント先行方式」 による、土地の有効活用を行っております。
複数テナントを誘致する 「複合施設」 への土地有効活用であっても、原則、入居予定テナントとの契約締結後に事業を開始しております。

これが、イリオスの 「テナント先行方式」 による、土地有効活用事業です。

土地有効活用の実績

過去に弊社が行なった土地有効活用の実績の一部をご紹介いたします

定期借家契約

千葉県市川市

千葉県市川市

さいたま市緑区

さいたま市緑区

千葉県流山市

千葉県流山市

横浜市青葉区

横浜市青葉区

リースバック契約

神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市

東京都葛飾区

東京都葛飾区

東京都江戸川区

東京都江戸川区

千葉県松戸市

千葉県松戸市

事業用借地契約

さいたま市北区

さいたま市北区

東京都豊島区

東京都豊島区

普通賃貸借契約

東京都葛飾区

東京都葛飾区

東京都目黒区

東京都目黒区

ご相談はこちらから

土地有活に関する対応エリアは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県のみとなっております。それ以外のエリアはお受けできない場合がございます。

「施設の管理・運営」「賃料請求の代行」などにつきましては「総合施設管理」のWEBサイトをご覧ください。

総合施設管理